スポンサーリンク

マイクラ日記#109【ハチで効率アップ!養蜂場×自動農園】

マイクラ日記
ぽじとら
ぽじとら

どうも!ぽじとらです。

2年ブランクが空いてしまったマイクラ。

アプデで追加された要素を知識として入れるため、前回は職業ブロックを使って無職村人を就活させていきました。

マイクラ日記#108【無職村人を職業ブロックで就職させる!】
ぽじとらどうも!ぽじとらです。前回2年ぶりにマイクラを起動したときに一番驚いたのが村人のスキンの変わりよう。もうご存知かもしれませんが、アップデートにより職業ごとに村人の格好が変わるようになっています。...

今回はバージョン1.15で追加された「ハチ」を村に連れて帰り、自動小麦収穫機と養蜂場を合体させるという内容です。

小麦収穫機を作った時のマイクラ日記はこちらからチェックしてみてください!

マイクラ日記 #36【一括大量収穫!自動小麦収穫機を建築する】
今回は小麦を自動で収穫する装置を作りたいと思います。自分で収穫すれば自動収穫装置なんて作る必要は無いんですが、自動で収穫するシステムがあれば、小麦を栽培するのに費やす時間が半分削減できます。ということで、小麦大量生産のために自動小麦収穫機を作ってみることにしました。
スポンサーリンク

ハチを村に連れて帰る!

さて、それではマイクラ人生初めてのハチを探しに行く旅に出ます。

とりあえずハチが2匹いれば、繁殖させて数を増やすことができるので、目標はハチを2匹連れ帰ること

それでは村の近くをウロウロしてみましょう。

ぽじとら
ぽじとら

全然いねえ~…

ハチがスポーンする条件はそろっているのですが、やっぱりアプデ前に生成されてしまった土地では、いくら探してもハチは見つからなかったので、行ったことのない適当な平原へ!

ぽじとら
ぽじとら

ハチさん発見!!

見つけました!ハチです!思ったより大変だった!(笑)

めっちゃ可愛い!!

花の蜜を吸っているようです。しばらく花の上に停滞しているとハチの模様に変化が!?

白い斑点のようなものが付きました。これが密を吸った状態のハチですね。

そして少し離れたところにあった蜂の巣の中へもぐりこんだ!

実は蜂の巣を壊してしまうと、近くにいるハチが怒って攻撃してくるんですが、蜂の巣の中に入ってしまえばこっちのもの。

そのままハチ入りの蜂の巣を回収すれば、中にいるハチごと持ち運びができる!

ただ、普通に壊してしまうとアイテム化しないので、シルクタッチのツルハシで壊します。

ミツバチの巣が手に入りました!これで1匹確保。

そして少し離れた所にもハチがいたので、こちらも同じ方法で確保。

ぽじとら
ぽじとら

ハチ2匹GET!目標達成!

村へ帰りましょう!


ちなみに補足情報ですが、ハチを連れて帰る方法は他にもあります。

1つは花を使った方法。花を手に持った状態で移動すればハチがついてきてくれます。

もう1つはリードを使った方法。リードで繋ぐことで強制的に運搬することが可能です。

ただ、今回は移動距離が長いので一番手っ取り早い巣ごと持ち帰る方法を選びました。


スポンサーリンク

養蜂場と小麦収穫機を合体させる!

今回のメインテーマ「養蜂場と小麦収穫機を合体させる」のには理由があります。

先ほどご紹介した蜜を吸った状態のハチ。

この蜜を吸った状態のハチ、作物の上を通ると作物の成長速度があがるという効果があり、農業の効率化にはぜひ利用したい!

さらに、蜂の巣をいくつも置いておけばハチミツも採り放題!

一石二鳥の施設が出来上がるわけです!


しかし、ハチに蜜を吸わせるためには花が必要なので、少し現在の小麦収穫機を改築します。

ここは小麦収穫機の後ろの部分。水が出るシステムが下に埋まっています。

ここを花畑に!

これでハチが蜜を吸うための花の設置が完了。

ついでにハチが逃げ出さないようにガラスで覆っておきました。


次は蜂の巣の置き場所を決めていきます。

ポイントとしては、畑の上をハチが通らなければいけない配置にすること。

なので、花を置いた反対側にとりあえず設置。

この画像では少しわかりにくいですが、蜂の巣の下には焚き火を置いています。

こうすることで、ハチミツを収穫してもハチが怒って攻撃してくることが無くなります。

これでとりあえず大体の配置は完成!

あとはハチを繁殖させて、うまく花と巣を往復させることができれば、ハチミツの収穫・作物の成長の効率も上がる!


スポンサーリンク

「養蜂場兼小麦収穫機」完成!

地道に繁殖活動をすること約1時間。

ハチもかなり増殖!巣の中にいるハチも入れて15匹以上。

[とりあえずこれで理想の形が完成です!反対から見るとこんな感じ。

養蜂箱も大量に増やし、ハチミツも採り放題!

※見栄えをよくするため、焚き火と蜂の巣を一段下に下げました。


作物を収穫するための水流システムを使えば、水が苦手なハチを全員巣へ戻らせることも可能。笑


気になるのは、本来の目的の作物成長速度アップ。

ハチの動きを観察してみましょう。

蜂の巣から出たハチは反対側にある花畑へ。

蜜を吸ったハチ。

巣へ帰るために作物の上を通過。この時に作物は栄養をもらって成長!

巣に帰ってハチミツを作る。この繰り返し。

ぽじとら
ぽじとら

我ながら完璧だ…!

完全に狙った通り、ハチミツも作物も効率よく回収できる「養蜂場兼小麦収穫機」が完成しました!

もっともっとハチを増やせば、効率はさらに上がる!