スポンサーリンク

マイクラ日記 #21【海辺に第3の村を発見!危険すぎる村を整備】

マイクラ日記

こんにちは!ぽじとらです。

前回のマイクラでは、リードを作るために必要な「スライムボール」を手に入れるため、スライムの湧き層づくりをしました。

地下の石を掘り進める作業をひたすらやり、結果的に5時間もかけて8つの湧き層を作ることができ、スライムを倒してスライムボールを手に入れることができました。

マイクラ日記 #20【超過酷地下労働!8層のスライム湧き層作り】
前回はスライム湧き層を効率よく作るためにエンチャントに挑戦したのですが、レベル不足で今回は我慢し、鉄のツルハシで頑張ってスライム湧き層を作ることになりました。リードを作るために必要なスライムボールを確保するため、地下にスライム湧き層を作っていきます。

スライムボールが手に入ったことでリードが完成したので、次の段階へ。

今回は雪山にいるラマを連れて第2の村に連れて帰りたいと思います。

…が、村を見つけてしまったことで、そうもうまくいかなくなりました(笑)


スポンサーリンク

第3の村を発見

この前見つけた第2の村は、第1の村がある島から少し海を渡ったところにあるので、行こうと思うと軽い長旅になります。

なので、ボートやベッド、食料を準備し、ラマに付けることができるというカーペットも準備して出発します。


第2の村の座標は、X:2110、Z:-196。

この座標に向かって歩いていくんですが、雪山を経由しないといけません。

雪山は島の海沿いにあった記憶があるので、海に出たら島を海岸に沿ってボートで進んで、雪山を見つけたらラマを捕まえに行く。

そのあとで第2の村の座標に向かって進んでいくことにしました。

海が見えてきました。

ここからはボートで海岸沿いを進みながら雪山を探していきます。


ぽじとら
ぽじとら

雪山はどこだー?


しばらく進んでいくと、見慣れない木材がきれいに並べてあります。

明らかに人工物。

これはもしや…

第3の村発見!!

思いがけないところで村を発見してしまいました。村見つけるスパン短すぎ(笑)

村を見つけてしまっては、黙っておけません。

僕が村を放置したことでゾンビに滅ぼされた村なんて見たくないからです。


ぽじとら
ぽじとら

村を見つけたプレイヤーは、その村を守る責任がある…


…仕方ない。目的変更!第3の村を守る!


危険だらけの第3の村を整備せよ!

第3の村の全体を見るとこんな感じです。

画像右側の少し小高い場所に集落が1つあり、画像左側の海側にもう1つ集落がある村です。

家の数も結構あります。全部で12軒。

個人的にはこの村は景色がいいので好きなんですが、ここは危険も多い村のようです。

地形がボコボコしているので高い所から落下してダメージを負ったり、村の中に洞窟や洞穴が多いのでモンスターが出てきて村人が襲われる危険もあります。

水場が近いということで、村人が間違って海に入り溺れてしまうという危険も。

このままでは危ない!


ぽじとら
ぽじとら

被害が出る前に急いで整地しないと…!


第2の村を見つけた「マイクラ日記#17」と同じような順番で村を整えていきます。

村の中に入って、家を一軒一軒湧きつぶしをしていると、こんな家がありました。

なんと入口が土で埋もれていて、村人が出てこれない状態の家です。

これはひどい!早く救出してやらないといけません。

掘っていくと入口のドアが見えてきました。良かった。

しっかり湧きつぶしもしたので、この家はもう安全です。

次はこんな家。

入口が超高いところにある家です。


ぽじとら
ぽじとら

どうやって入るの…(笑)


この家は、ドアをぶっ壊して、入口の場所を反対側に変えました。

これでこの家も安全!どんどん住んでください。

近くには溶岩が流れている穴もありました。

危険すぎる!村人が落ちたら即死間違いなしです。

これもしっかり塞いで、危険な場所が無いようにどんどん整地していきました。

整地がだいたい済んだら、柵を設置。

村人には海に行かせません!あいつらすぐ溺れるから!

村の中で高低差が結構あるので変に高い家とかもあって、家の下の部分がもったいなかったので、ここも掘って地下室みたいな感じにして、ドアを取り付けてみました。


これで家が増えて村の規模も大きくなるし、無駄も省けていい感じです。


湧きつぶしもしっかり行い、ようやく村の整備が完成!

村人がダメージを負いそうな場所も無くし、家も入りやすい家にしたので、第3の村はこれで安全です!

最後に村の中の見回りをしておきましょう。

こちらは、村の低い位置にある集落です。

家が4軒。海の近くに住んでいるんですね。

通路が板になっていたりと、割と最初から整備されていました。

水上の家みたいでオシャレです。

こちらは高いところにある集落。家が多いです。


高低差がすごいので、階段多め。

足腰が鍛えられそうな村ですね。

そしてこの村の村人は、とにかく司書とニートが多い。

村中を探してみたところ、村人のほとんどが司書とニートで、1人だけ防具鍛冶さんがいました。

景色がいい海辺の村だけど村人のクセがすごい、そんな村です。

この村をどう発展させていこうか考えたときに、ふと思いついたのが、海を活かした村にすることです。

案として、船着き場を建てようかと思っています。船着き場がある村って良さそう!

ってことで、次回は船着き場を建ててみようかと思います!

マイクラ日記 #22【船着き場を建築!海辺の村の玄関口を作ろう】
前回は第2の村に向かうために村を出発したのですが、途中で第3の村を発見。急遽目的を変更し村を整備しました。海辺の村だったので海を活かした村に発展させていきたいと考え、船着き場があれば景観もだいぶ良くなるだろうと思い、今回は船着き場を作ってみることにしました。