スポンサーリンク

マイクラ日記 #30【駅自動化へ!トロッコ自動設置・回収システム】

マイクラ日記

こんにちは!ぽじとらです。

前回のマイクラでは、トロッコ自動回収システムに必要なサボテンを求めて砂漠を探し、無事砂漠を見つけてサボテンを大量に回収することができました。

ついでに予想外のメサも発見したので、様々なテラコッタを回収して村へ生還しました。

マイクラ日記 #29【砂漠&メサに初上陸!アイテム大量GET】
トロッコ回収システムに必要なサボテンを求めて砂漠探しの旅に出ましたが、3時間探しても砂漠は全然見つからず、愛馬も死なせてしまうという辛い旅になりました。途中で飽きてしまい拠点の村に戻ろうとしてボートで海を渡り引き返していると…サボテンらしきものを発見!上陸してみます。

ということで今回はトロッコ自動回収システムを完成させて駅を完璧に完成させることを一つの目標としてやっていきます。

そしてトロッコの開通に向けて第1の村と動物村(第2の村)をレールで繋いで、実際にトロッコで速く楽に移動できるようにしてみたいと思います。


スポンサーリンク

トロッコ自動回収システム完成へ

早速サボテンを第1の村の駅に設置してみたいと思います。

サボテンは砂ブロックの上にしか設置ができないので、砂を設置。

この上にサボテンを置こうとすると…


ぽじとら
ぽじとら

あれ?置けない…


砂の上なのにサボテンが置けません。

反対のレールの方にも砂を置いてサボテンを置こうとしても置くことができません。


試しに真ん中に置いてみると…

置けました。

どうやら隣接するブロックがあるところにはサボテンは設置できないようです。


ぽじとら
ぽじとら

知らんかったわ…


ということは、この駅のシステムは作れないということになります。

なのでトロッコ自動回収システムの形を急遽変更!

サボテンが真ん中にしか置けないので、サボテンの場所を奥にして、レールを曲げることでトロッコ自動回収システムを完成させることができました。

サボテンは触るとダメージを受けるので、上にカーペットを置いてサボテンに触れないようにしました。

これで

  1. ボタンを押してトロッコ自動設置
  2. サボテンにトロッコが当たってアイテム化
  3. アイテム化されたトロッコがホッパーによってディスペンサーに格納

という3つの機能が付いたトロッコ自動回収・設置システムが完成しました!

詳細なトロッコ回収システムの説明は#25の記事を読んでみてください。

動物村の駅にも同じシステムを作りました。

あとはレールを繋げばトロッコが開通し、村の行き来が楽になりますね。


村をレールで繋ごう

レールを敷く橋はすでにできていて、第1の村と動物村を繋いでいます。

あとはレールを上に敷いていくだけです。

こちらは動物村の駅。

高さを第1の村の駅の高さに合わせているので、トロッコで坂道を上がらないといけません。

上り坂なのでパワードレールも多めに設置して減速しないようにレールを敷きました。


その先には分岐地点があります。

まっすぐ進むと海辺の村へ着くようにレールを繋ぐ予定で、右に行くと第1の村に辿り着きます。

左側にあるレバーを使ってレールの繋げ方を変えることができます。

手前のパワードレールにはあえて動力を送らずブレーキで止まれるようにしています。

これで、左側のレバーを操作して進む方向を決めて、ボタンを押してパワードレールに動力を送り、スピードに乗って出発できるような作りになりました。

ここからしばらく、まっすぐレールを敷いていきます。


パワードレールはレール25個おきに設置すると減速しないとネットに書いてあったので25個おきにパワードレールを1個挟んでレールを敷いていたんですが、試しに乗ってみると全然減速しました。(笑)

20個おきでも減速してしまうので、17個おきにパワードレールを置くようにしたら減速しないようになりました。


ここは途中のカーブ。

ちょうど第1の村と動物の村の中間地点です。

レールをひたすら置いていくと、第1の村の駅が見えてきました。

ラストスパートでレールを敷いていき、ついに開通しました!

これで2分くらいで村を行き来できるようになりました。


ぽじとら
ぽじとら

トロッコがやっと完成した!


でも、トロッコで村を繋ぐプロジェクトまだ終わっていません。

海辺の村までのレールと、海辺の村の駅はまだ完成していません。

とりあえずは第1の村と動物村がつながったので一段落として、気が向いたら3つ目の駅を作ってみたいと思います。(マイクラ日記#71にて、3つ目の駅が完成しました。)

マイクラ日記 #31【残虐装置!?半自動焼肉製造機を作ってみた】
今回は、本や額縁を作るのに必要な革と生きるために必要な食料を効率よく手に入れるための牛肉を自動で手に入れることができる「半自動焼肉製造機」というものを作ってみたいと思います。少し残虐なシステムかもしれませんが、革も食料も簡単に手に入って便利なシステムです。